■思う事・雑記

専業主婦の是非を論じるのは虚しい

専業主婦の是非を論じるのは虚しい

最近の若い女性には、専業主婦志向の人が増えているそうです。

その一方で、専業主婦の方や心ない男性からは、
「ただの専業主婦」という言葉を聞くこともまだまだあります。

「専業主婦の是非」というテーマがマスコミで取り上げられる度に、
私は一人の女性として主婦として、怒りに近い悲しみを感じます。
(それは今の仕事の想いにもつながっています)

なぜならこの議論は、

  1. 専業主婦に対して非常に不公平な前提の上に成り立っている
  2. そもそも「正解」が存在しない
  3. どちらの結論が出ようと「誰も幸せにならない」

という意味で、とても虚しい事だからです。

私が上の娘を出産し、育児休職中だった2000年、
このテーマはある女性ライターの本をきっかけに
ワイドショーのネタになりました。
(個人的にその本は非常に偏っている酷い内容だと感じたので、
どぎついタイトルもここでは書きたくありません)

当時の自分はいずれ職場に復帰予定の「一時的な専業主婦」の身でしたが、
それでも専業主婦を攻撃するような議論の中身には、大きな違和感を覚えました。

そして、それ以上に悲しかったのは、
同じ女性同士が立場の違いからお互いを攻撃しあっている事。

それをマスコミが面白おかしくお膳立てしている事に、
不快感で一杯になりました。

1.不公平な前提:対価のない仕事の軽視

専業主婦が家庭で行う様々な「仕事」に対しては直接的な「金銭的報酬」がありません
あらゆる家事・育児・介護などを必要に応じてこなし、
家族の事情に合わせて「常にスタンバイ」している状態であるにもかかわらず、
一般社会、時には心無い家族からも「価値の低い立場」に扱われてしまいます。

家庭内労働に金銭的報酬がつかないのは、専業主婦のせいではなく社会のシステムです。
にもかかわらず、「稼いでいない=働いていない」という資本主義的発想を
前提にして論じるのは、そもそも専業主婦に対して非常に不公平な議論です。

2.そもそも正解が存在しない

私はフルタイムで働いた時代、専業主婦&ママだった時代を経て、
今は自営業の「働くママ」です。
様々な立場を自分なりに体験してきた上で、どの状況にも
「その立場ならではの大変さと充実感」があると実感しています。

大変さと充実感の「中身」が異なるので、本来比べようがありません。
だから時間がある・ない、とか、子供が幸せ・不幸せとか、
なんだか本題からはずれた、お互いにあげ足取りのような
議論になってしまいがちです。

この「私の方が大変!」バトルは、立場の異なる女性の間だけでなく、
夫婦間でも起こっています。
これこそが女同士や夫婦のコミュニケーションがうまくいかない
一番の原因だと感じています。

でも本当は、自分の頑張りを主張するために、
相手を貶める必要は全くないのです。

「お互い大変で、お互い頑張っているんだね。」
ー立場の異なる者同士が心からそう思えたら、
もっと協力し合えて笑顔も増えるはず。

自分に余裕がなくてそう思えない時もあります。
ですが、いきつく結論はやはりこれです。

3.誰も幸せにならない

専業主婦の是非という、この議論にいずれかの結論が出たとして、
それで幸せになる人はいるのでしょうか。
多分誰もが後味の悪い思いをするだけだと思います。

今の時代、女性は男性よりもある意味生き方の選択肢が多く、
それはとても幸せな事。
だからこそ肝心の女性同士が、お互いのライフスタイルを否定しあって
今の恵まれた状況を自ら壊すような事は、あってはいけないと思います。

お互いのライフスタイルや、それぞれの大変さや素晴らしさを認め合いながら、
だれもが自分の選んだ生き方を、気持ちよく生きていけるようになればと思うのです。

そんな女性達を見ているうちに、男性達の中からも女性と同じように
「自由に選びたい!」と思う人が出てくるかもしれません。
その時こそ、本当の意味で男女平等な社会に近づくのではないかと思います。

だから、毎日頑張って生きている女性の方々へ。

自分と違う生き方をしている「仲間」を、
否定したり批判したりするのはやめましょう。
自分と同じ生活に誘い込む必要はありませんし、
かといって自分の生き方に不安を覚える必要もありません。

今の自分の生き方に自信を持ちましょう。
悩みがあれば解決する方法を、
幸せであればそれを保ち続ける方法を学びましょう。

そして、もし別の生き方を心から羨ましいと思うなら、
そちらにシフトするための方法を、全力で考え行動しましょう。
どんな制限があったとしても、かならずやれる事はあります。

人の暮らしが気にならなくなるほど、
自分の暮らしを愛し、大事にしましょう。

4+

© 2021 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5