■起業・フリーランス

痛恨のミスが「スキルアップ」につながる

痛恨のミスが「スキルアップ」につながる

連休初日は夫婦で映画&美術展へ。
2日目の昨日はスタフェス、
最終日の今日はカタフェスでした。

夏にスタートしたカタフェス。回を重ねるうちに
片づけタイム=ミュージックタイムという形になりました。

「カタフェス専用プレイリスト」も用意し、少しずつ充実中。
完全に私の独断と偏見あふれるチョイスです。

そして本日は前半の整理のミニレッスンを「録画忘れ」!
痛恨のミスは、実は2回目。

仕事でもそれ以外の事でも、失敗って「痛い」。

「あー、やっちまった!」と思いますし、
リカバリーのための手間・時間・ストレスもかかります。

でも、失敗した時はスキルアップのチャンスでもある!
基本おっちょこちょいな私は、起業してからの13年間で
何度も何度も、それを実感しています。

はじめての録画忘れの時は、四苦八苦の末に

1.zoom録画を無料ソフトで加工する方法
(過去回動画の使用範囲の調整や結合)
2.Youtubeに動画を限定公開する方法

を覚えました。動画加工もYoutubeも初心者のため、
午後まるまる時間をとられました(泣)。

2回目の今回は、上記の作業はあっという間に完了。
(無料ソフトもインストール済みだしやり方覚えてるし!)

ただし今回は音楽をかけていたので著作権にひっかかり
YoutubeアップがNG(AI瞬時に指摘・ブロック。すご!)。
結果前半・後半と、2つのURLを案内する事になりました。

そして今回初体験したのは「完全なる1人カタフェス」。

録画し忘れたミニレッスンを、カタフェス終了後に
1人で再収録しました。

カタフェス、普段から全員カメラオフの真っ暗な画面に
向かってしゃべってるんですが、今日の再収録は
これがほんとの「ぼっちカタフェス」状態!

どうなるかなと思ったけど、全然大丈夫!

ビデオレターみたいな感じじゃなく、
目の前にいる相手に対して(いないけど)伝える感覚で、
熱くしゃべりたおしましたよ。

失敗も新たな体験やスキルアップのチャンス。
受け止め方次第でいくらでも楽しめます。

3+

© 2021 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5