■我が家の日常 ■暮らし・家事

成人式に必要な準備とかかる費用

成人式に必要な準備とかかる費用

今年もコロナ禍での「成人式」となりましたね。
無事に大切な日を迎える事はできましたか?

成人式の準備、
対象となるお子様、特に娘さんのいる親御さんは
1年前から気になってきますよね。

数年前、娘が成人式を迎えた時の体験から、
当日もその後も、親子共に満足できる成人式の準備を
まとめてみたいと思います。

※ちなみに我が家の成人式、ママ友たちと話したら、
「激安コース」だったようです(笑)。

成人式、考える・決める事

成人式の準備にあたって考える事・決める事は
ざっとこんな感じ。

  1. 着物
  2. ヘアメイク・着付け関連
  3. 写真撮影・アルバム
  4. 費用

当日の過ごし方なども含めて、
親と子どもそれぞれの希望やイメージも
確認しておきたいです。

1.着物

着物を買うかレンタルするか、が一番
準備することと費用が変わりそうです。

お母さまの着物を娘さんが着てくれる、というのは
一番幸せで安上がりなパターンですね。

我が家には着物がないのでレンタルすることに。

「きもの365」というサイトで、髪飾りと
体形補正用タオル以外は全てそろったレンタル。
※髪飾りは別途ネット検索、着物の色柄に合わせて娘と相談。
※着付け・撮影は別途手配。

着物の色・柄は、娘に決めてもらいました。

「成人式の絢爛豪華なデザインじゃないのがいい」と
地味めな色柄になりましたが、着る人の満足が一番、
結果的にレンタル価格もお手頃になりました。

2.ヘアメイク・着付け関連

我が家では娘が友人達と話していて、
「今から予約しないと間に合わないんだってー!」と
せっつかれた結果、1年前に美容室を予約しました。

「○○(最寄り駅)成人式 美容室」で調べたら
スタジオ付きの美容室が見つかったので
「これはラクで便利」と問合せ。

1月7,8日頃という紛らわしいタイミングだったので、
その年の飛び込み予約と勘違いされましたが(笑)、
翌年の成人式当日の理想の時間で予約がとれました。

住んでいる地域の成人式に出席する場合、
住所によって式の時間帯が変わる場合があります。

美容室は、

  1. 会場に移動しやすい場所
  2. 早すぎず遅すぎない時間
  3. 好みのヘアメイクにしてくれそうか

などをしっかり確認し、希望のお店の
いい時間の予約を確保するためにも、
早め早めの問い合わせが安心です。

3.写真撮影・アルバム

今では式と撮影の時期をずらす人も多いようですね。

我が家はレンタルでしたので
「一度のレンタルで終わらせる」が大前提。
レンタルルールを確認した上で、

  • 2日前:レンタル着物の到着・美容室に持ち込み
  • 前日:美容室で着付け・併設スタジオで撮影(前撮り)
  • 当日:美容室で着付け ・ 友人達と式に出席
  • 翌日:レンタル着物を宅配返却

の最短コースとなりました。

着物を着てどこかにお参りされる方は、
別日撮りになるかと思います。

撮影後のアルバム発注は、
立ち姿・後ろ姿・座り姿の3カットを我が家用に1冊。
立ち姿の1カットを、両実家に1冊ずつ計2冊のみ。

内容も地味、枚数も少なめです。
※4.費用で書きますが、友人達の豪華なアルバムは
費用がかかった分、とても素敵でした。

4.費用◆

結果的に、成人式にかかった総費用は、
我が家の場合、こんな感じでした。

  • レンタル着物一式: ¥45,800
  • 髪飾り:      ¥  5,500
  • 着付け・前撮り:   ¥ 44,000
  • アルバム発注:    ¥ 37,000

    総合計:                   ¥132,300

当日一緒だった友人達もレンタル組でしたが、
「美容室・撮影・着物込みのセット」で3~40万円。
我が家の安さに、びっくりされました。
※私はこれでも「成人式、高いなあ~」と
思ってましたが 笑。

「うちも別々に手配した方がよかった~」
と言われましたが、色々確認しあってみると

撮影後のアルバムがとにかく豪華で素敵!
かかった費用の差は適正だと感じました。

まとめ:娘の成人式について感じた事

以上、娘の成人式を終えての全体的な感想・気づきは
こんな感じです。ご参考になれば幸いです。

1.美容室は自宅または式場に近い場所がいい

着物と別に予約した美容室は、8時半で朝もゆっくり。
「着物・着付け・撮影の全部セット予約」の友人達は
遠くの美容室を指定され、朝4時~5時の早起きに。
7時半にはもう着付けが終わり、11時頃の式の時間まで
かなり時間を持て余したそうです。
美容室の場所は、慎重に検討しましょう。

2.セットプランは、内容を詳しく確認すべし。

1.と重なりますが、セットプランは
美容室は○○駅・スタジオは○○駅と、
自宅にも会場にも近くない不便な条件に振り回され、
予約時間も早すぎて、待機時間が大変になる可能性も。

セットプランは内容を詳しく確認し
できる交渉はした上で決めましょう。

3.着物に関しては、格に応じて値段も変わる

どこでレンタルしても、着物の格に応じて
価格も変わるのは同じです。

ちなみに着物にはおる「白いふわふわ」は、
いい物とそうじゃない物が一目瞭然、
質を見極めた方がいいです。
※ふわふわは追加料金でグレードを上げる事も可能。

実際には「着物の柄が隠れるから」と、
手に持っているだけの女子も会場では多かったよう。
娘がレンタルしたものはペラペラでしたが、
暑がりなので自宅に置きっぱなしでした。

4.写真とアルバムは、詳細を確認するのがお薦め

美容室内のスタジオだった我が家は、背景のスクリーンに
ちょっとした長椅子などを追加する程度の撮影。

友人達の前撮り写真は高かった分、舞台セットのような
空間の撮影やドレスの「お色直し」もあり、
アルバムも辞書のようなぶ厚さ。
お値段にふさわしいクォリティーのアルバムでした。

5.メイクは撮影時はプロにまかせて、当日は娘に任せる

写真撮影は、和装に合わせたプロのメイクがやっぱり綺麗。
ですが我が家の場合、娘は濃すぎるメイクが嫌だったそうです。

なので、式当日のメイクは「自分でする」と。

当日は友人達と近距離で会いますからね、
本人の自由にさせました。

※私も結婚式の時「このぐらいにしないとだめなのよ~」と
式場のおばちゃんにされた派手派手メイクがすごく嫌だった 笑。

「アルバムは親のもの、当日は娘のもの」と思います。

当日のメイク、
私は「もう少し塗っても」と思いましたが、
娘は自分でやってよかった!と大満足。

以上、娘の成人式を終えて思ったことです。

着物購入組は費用も大変でしょうが、
「何を重視して何を割り切るか」を上手に選んで
費用の多い少ないに関係なく、

親子の思い出深い一日にして下さいね。

© 2022 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5