クローゼットの整理収納 子育て・親子の片づけ

「子どもが使うかも」には要注意!

「子どもが使うかも」には要注意!

自分が何かを買うとき、自分が買った何かを捨てられない時、
子どもに「ねえ、これ使わない?」と、あげていませんか?

「もらう―」「使う―」と言ってくれるのは
せいぜい小学校卒業まで。
思春期に近づき、子ども自身の好みができてくる頃には
「いらない。」と、嫌がられるようになります。

我が家の娘は大学生。
私があげようとする服は「いい」と断られ、
私の勝負服(?)を「貸してー」と持っていきます。
(母の講師服は娘の普段着。…なんかおかしくない?)

だから「使えなかったら子どもに…」は、要注意。
半分言い訳になってませんか?

そんな私はすっかりテレワーク・引きこもりな毎日。
「洋服なんてパジャマ1、部屋着1、講師服1だけでいいんじゃない?」
というていたらくですが、何かの拍子に突然、違う服が欲しくなる。

「いつものパーカー以外にもう一着」

とか、

「固定メンバーの講座用にきれいめセーター」

とか、

「買出しじゃない夫婦の散歩用(でも散歩は大体買出しのついで笑)
に、いつものデニムじゃなくてちょっとお洒落げなボトムス」

など、おしゃれスイッチが入ったタイミングで気になったアイテムを
買ってみました。

いつもの自分とは全然違う色とアイテム。
そして、私の年齢ではちょっとうーむ…なアイテム。

家族相手なら許されるか?
いや、むしろ彼らが一番辛口か?

でもいざとなったら「娘にあげる」!

はい、買う前に娘にちゃんと確認しましたから。
何なら私よりも、娘の方がずっと似合います。

「子どもに押し付ける」はNGですが、
事前確認をとってなら、母もチャレンジOKです♪

1+

© 2021 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5