■起業・フリーランス

フリーランスで働き続けるには

フリーランスで働き続けるには

※データ出典:フリーランス協会「フリーランス白書2019」より

フリーランスって、スタートするのは簡単。
でも「長く続ける」のは、なかなか大変。

「10年生き残れるのは10%」なんてデータもあるぐらいです。

実際、これまでの自分の13年間にも、

  • 整理収納の仕事がほぼ存在しなかった初期の頃
  • 自分なりの仕事スタイルで軌道に乗り始めた頃
  • 同業者が増えて整理収納がブームになってきた頃
  • 一般社団法人を仲間と立ち上げた頃

などの仕事がらみの変化だけでなく、

  • 子どもが小さかった頃のあれこれ (預けられない、体調崩す、ぐずる…)
  • 大きくなってからのあれこれ(PTA活動、親子共に人間関係、思春期反抗期…)
  • 主人の生き方・働き方に巻き込まれるあれこれ
  • それに連動する家計のあれこれ

など、家族・家庭がらみの変化への対処まで、
(これらが降りかかってくるのはやっぱり女性が多い)
本当にいろんな山谷に直面し、
悩み・考えながら続けてきたなあと思います。

整理収納作業のスキルや体力などは、
「先輩から学んで近道できた後輩達」の方が
もう上だろうなあと思います。
(作業時はギックリ腰に注意なお年頃だし 笑)

じゃあ、今の自分の財産は何かというと、

  • ゼロから試行錯誤し作り上げてきたという自負
  • 仕事を続ける上で必要な専門的知識とスキル
  • 仕事の積み重ねで知った「お客様の本音と行動」
  • ご夫婦との作業で気づいた「仲裁」のコツとスキル
  • プロ向け講座で磨いてきた観察力とフィードバック力
  • プロ向け講座を通して気づいた「成長が早い人の特徴」
  • トラブルに直面しても動じない度胸(ずうずうしさ?)
  • 長く続けるための力の入れどころと抜きどころの見極め力
  • 自分の長所短所を「仕事に使える自分らしさ」に変える方法
  • 仕事がいい時もおごらない・悪い時も心が折れないあり方
  • 何かの時に相談できる仲間
  • 自分も通ってきた「女性の人生」に対する強い想い

など。

スキルや知識以上に続けてきたからこその「経験=年の功?」
が、今の自分のベースになっています。

体力は緩やかに右肩下がりな今日この頃ですが、

アドバイザー向け講座でよく言われる
「そこまで深く考えた事なかった」という言葉。

お客様との講座や作業でよく言われる
「人生に大事な気づきがありました」という言葉。

そんな嬉しい言葉たちに支えられています。

フリーランスとして働くことには勤めるのと同様、
メリット・デメリットの両方がありますが、

どちらも経験した自分自身は
今はこの働き方にとても満足していて、
これからもフリーランスとして頑張りたい。

だから、フリーランスを選んだアドバイザー達にも
初期に直面するあれこれに心折れることなく、

いいお手本や仲間とつながりながら
自分らしく続けて欲しいなあと思います。

6+

© 2021 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5