■整理のコツ

整理収納における「一生もの」とは

 整理収納における「一生もの」とは

「一生もの」といえば、ハイ・ブランドの「高価なもの」というイメージがありますね。
でもそういうものばかりではありません。

例えば爪切り。
今、皆さんが使っている爪切りはいつ買ったか、覚えていますか?

爪切りって、なかなか壊れませんから、結構な「一生もの」。

先日、我が家のそんな「一生もの」が壊れました。
「なんか、割れちゃったわー」と、息子が持ってきたのはメジャー。

ものすごくよく使うので、私のダイニングテーブル席の
後ろにスタンバイしてる物。

でも、ふと気づいたらこれって…。

「学研 3年の学習」とな。

…私が小3の頃の付録。なんと「41年もの」

お片づけサービスでよくみかける
「小学校時代の裁縫箱」と同じです(笑)。

整理収納アドバイザー2級講座でいうところの「一生もの」とは、
値段や価値の高い低いに関係なく「長くつきあう物」のこと。
それが気に入っている物だと、物は増えにくくなります。

このメジャーには、本当に長らくお世話になりました。
息子の小学校の裁縫道具に入っていたメジャーと入れ替えて
感謝と共に手放しました。

一日で片づけ方がわかる、資格が取れる!
「整理収納アドバイザー2級認定講座」受講生は12万人以上!

講座詳細はこちら
1+

© 2021 Sunny Days 幸せな毎日の「整理力」 Powered by AFFINGER5